病児保育と小規模認可保育園の株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

menu

病児保育と小規模認可保育園の株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

【会社経営】部門責任者とは?

HRMの授業で配布された資料のまとめです。


1.部門責任者の役割

  色々な定義があるが、煮詰めていくと次の一言に昇華することが

  できる。


  企業価値を高めるために会社に貢献すること

  そして、企業価値とは「人」と「仕事」の質を

  高めることである。



  この「人」と「仕事」に対して、「変革」と「堅持」の2軸を加えて、

  4象限をどのようにコントロールするかが部門責任者の役割の

  本質である。

  ※「変革」とは変えるべきもの

  ※「堅持」とは不断の継続のため、徹底維持するもの


  1)「人」+「変革」

    人材の発掘、人材の育成


  2)「人」+「堅持」

    部下のモチベーション付け


  3)「仕事」+「変革」

    課題の発掘、課題の解決方法の模索


  4)「仕事」+「堅持」

    当たり前のことを習性になるまでやり続けること



2.組織における部門責任者

  組織における部門責任者は以下のように、中間に位置付け

  られる。


  経営者--部門責任者--第1線の社員


  こうした位置づけであるため、経営層と現場第一線の社員

  をつなぐ「橋渡し役」である。

  1)経営者の想いを「翻訳」して現場に伝える。

  2)現場の意見・実情を「翻訳」して経営者に伝える。


  いずれにしろ、「翻訳」を行うということが、部門責任者には

  重要なスキルの一つとなる。

  ⇒そのためにどうするか?

  ⇒現場の知識+経営の知識

  ⇒自助努力による人材としての厚みを増さなければならない。



3.部門責任者の姿勢

  1)ミッションを確かめる

    ミッションとは具体的な「期待」であり、果たすべき「責任」

    である。


    しかしながら、状況は刻一刻と変化するため、最初に

    経営者や現場社員との間で確認したミッションは変わる

    可能性がある。

     ↓

    コミュニケーションにより、常にすり合わせをする必要あり



  2)人が育つ環境を提供する

    部下は仕事を任せたときに、自ら進んで責任を自覚し、

    創意工夫を行うものである。


    そのように部下が動かないのは、そのように「認識」を

    させることができていない、部門責任者の責任でもある。


  3)何としてもやり遂げるという強い想い

    自分とその部門に与えられた「期待」「役割」「責任」に

    対して「何としてもやり遂げる」という強い使命感と

    想いは不可欠な要素である。

  


関連記事

カレンダー

2009年9月
« 8月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930