病児保育と小規模認可保育園の株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

menu

病児保育と小規模認可保育園の株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

ブラック企業対策としての離職率公表は効果的か?

さて、昨日の新聞に「ブラック企業対策として過去3年の離職率の開示を義務づける」という施策が発表されましたが、これって意味があるのか?というのが正直な感想です。

「ブラック企業」対策へ離職率公表…新年度から
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131202-OYT1T00107.htm

 

そのブラック企業の定義ですが、wiki先生には下記のように記載されております。

=====wikiより転載======

労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いたり、関係諸法に抵触する可能性がある営業行為や従業員の健康面を無視した極端な長時間労働(サービス残業)を従業員に強いたりする、もしくはパワーハラスメントという心理的、暴力的強制を常套手段としながら本来の業務とは無関係な部分で非合理的負担を与える労働を従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人社会福祉法人官公庁公営企業医療機関なども含む)のことを指す

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BC%81%E6%A5%AD

=====wikiより転載(ここまで)======

 

法令に抵触するくらい働かせる企業が、そもそもこんな法令が出来たとしても守るつもりがあるのか?というのが一番の理由です。まぁそれを言っては身もふたもないので、少し掘り下げてみたいと思います。

 

ページ:

1

2 3

関連記事

カレンダー

2013年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031