病児保育&認可保育所 地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

menu

病児保育&認可保育所 地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

昨年の振り返りと本年の目標

昨年は大変お世話になりました。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
※喪中にて新年のご挨拶を控えさせていただいております。

本日より仕事はじめなんですが、今日は年末年始のリハビリも兼ねて少し早めに仕事を切り上げて、その代わり昨年の振り返りと今年の目標を考えてました。

昨年は会社にとって5年先を見据えて土台を作り上げることができた1年だったと思います。ひとえに周囲にみなさま、スタッフのみんなのおかげと改めて感謝をしております。今年は昨年作り上げた土台の上に積み上げる年になるかと思います。

一方私生活においては、今年は下の娘もとうとう年長に。。。気がつけばもうそんな年なんだなぁと感じたとともに、子どもの成長に伴い子育ての難しさ?も感じる1年だったかと思います。

<昨年できたこと>
(1)会社の5年先の成長をささえる大型プロジェクト
諸事情があり、具体的な内容を書くことは今できないのですが、会社にとっても地域の子育て世帯の皆さんにもお役に立つことができる、大型プロジェクトが2つ進行しています。その種を昨年は1年かけて植えつけました。まずは今年の秋口から冬に向けて大型プロジェクトが1つ、2年後の春先にもう一つの大型プロジェクトが開始予定です。2年後のプロジェクトは結構厳しいコンペを勝ち取ったもので、当社にとっても大きなチャレンジであるとともに、大きく成長することができるプロジェクトだと思っています。

(2)会社の成長をささえる足腰を作ることができた
会社としては2期連続の黒字を達成。病児保育事業単体での収入・支出のバランスが取れてきて、会社全体としても非常に楽になった1年だと思っています。社員も6名から年末で16名と大幅に増加し、会社全体として「やれること」が増えた1年です。先の大型プロジェクトに向けて会社としての体制を整えるとともに、会社のDNAを作り上げていくプロセスが始まったかなと感じています。

(3)雇用を強化した上での2期連続黒字化
人を雇用するということは、会社としての「覚悟」だと思います。昨年は会社として必要な投資として、年始に6名だった社員をパート契約ではありますが、16名まで雇用して増やしました。増えていく病児保育需要や会社としての機能を強化するために、行ったことですが結果として非常によい方向に動いてくれたと思います。その上で黒字を継続できたことは、私に取っても自信につながった感はあります。

(4)サービス形態の多様化
従来の施設サービス型に加えて、トライアルではありますが居宅訪問型の病児保育サービスの展開を行うことができました。まだ柏市・松戸市・流山市を中心にした提供エリアにとどまっていますが、施設型を補助する役割を担うサービスに今後も少しずつ成長させていければと思います。

(5)子ども子育て会議の委員に再任
流山市の子ども子育て会議の委員に再任していただき、引き続き子育て支援計画の実施状況をチェックすることができるようになりました。政治にとらわれず、一市民の目線を大事にしていければと思っています。

<昨年できなかったこと & 今年やること>
(1)大型プロジェクトに向けた体制構築
特にこの秋口〜冬にかけての大型プロジェクトは当社にとっても正念場になると思います。このプロジェクトを成功させるための人員体制を早急に構築することが今年の大きな課題の一つです。

(2)研修体制・人事制度の拡充
これは継続的な課題ではあるのですが、病児保育に関する研修体制をもっと強化したかったかなと反省です。頭の中の構想を具現化することが、まだまだ不十分だなぁと実感しています。また、社員の増加に伴い、人事制度など会社として必要なものを整備したいと思っていたのですが、まだそこまできちんとできていないのが実情です。今年は時間を作ってここには手を入れようと思います。

(3)お願いをすることに慣れる
まだまだ「自分でやったほうが…」と考えてしまう自分がいて、意識的にスタッフのみなさんに仕事をお願いすることに自分を慣らしていかないといけないなぁと、改めて感じています。

(4)家族と過ごす時間
どうしても仕事優先で考えてしまうところがあり、昨年も夏ころまでは家族と過ごす時間をあまり取れなかったような気がします。(前職よりは取れているのですが、職住近接の割にはという意味です) 冒頭にも書いたように、あっという間に子どもは成長するんだなぁと実感したため、意識的に時間を作るようにしたいと思います。

(5)保育士資格取得
今年の春先に保育士の資格受験を行います。正直取り掛かり始めた時期が時期なので、時間がないのですができる限り一発合格を目指して頑張ってみようと思います。会社にとっても、保育士があると非常に便利であるだけでなく、理論的な裏付けをするという意味でも頑張ってみたいと思います。

(6)その他、細かなこと
・読書量が昨年は圧倒的に少なかったので増やす
・健康第一 人間ドックにかかる。
・基本的に週末以外はお酒を飲まない
・寝る前に携帯電話をいじらない

どうぞ今年1年もよろしくお願い致します。

関連記事

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31