病児保育と小規模認可保育園の株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

menu

病児保育と小規模認可保育園の株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

幼児教育無償化の前にイコールフッティング環境整備では?

幼児教育無償化がもはやカオスに。本当に子どものためになる政策なの?

カオス。。。まさに適切な表現です。

今の制度設計だと、認可に入りやすい高所得層が優遇され、入りにくく止むを得ず認可外を利用している所得層との格差を広げる。

あとね、厚労省が主張する認可外は質が悪いから補助を出さない。って順序逆じゃね?? 保育士の配置をしたくてもできないのに、補助金バンバンもらってる認可と比べるからそうなるわけで。両手片足を縛り付けといて、相手(認可保育園)と殴りっこしたら、そりゃ認可外は勝てないわさ。認可外の質を落としているのは、制度設計そのものなんですよ。

家庭の事情による保育のあり方の多様性を実現した上で、認可・認可外の経営環境をイコールフッティング環境にまず整えることが先でしょうに。
その上で、保護者に選択肢を渡せばいいんですよ。

保育を受ける家庭に「子育てバウチャー」を配布して選択させるべきなんです。そうすれば、質の悪い「認可保育園」も「認可外保育園」も「ベビーシッター」も、市場原理で淘汰されますよ。

 

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 1月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930