病児保育と小規模認可保育園の株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

menu

病児保育と小規模認可保育園の株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

国の子ども子育て会議の重い責任

制度設計当初から危惧していた問題がようやくフォーカスされ始めました。近い将来、この3歳児待機児童が今後おそらく都内では間違いなく生まれるでしょう。

はっきり申し上げますがこれは国の子ども子育て会議で審議員を務める人たちの責任だと思います。会議に出ていなくても、考えればすぐわかるように、小規模保育事業に関する制度設計の細部のツメが甘すぎる状態でGOを出したものについては責任が大きい。(ある委員は、自画自賛してましたが。。。) 制度設計のアラを放置したまま、目先の待機児童対策を優先することで、制度導入を進めた内閣府と国の子ども子育て会議の責任は非常に重いと私は考えています。卒園後の連携先確保は自治体の責任である。と明記すればよかったんです。それをどこを向いて議論したのかは分かりませんが、ある程度事業者の責任にできる解釈の幅を残したのは責任が重い。

流山でもこの問題は3年前から市の執行部に訴え続けて来ました。最初は煮え切らない対応だったのですが、昨年あたりからようやく理解が進み、流山市としても抜本的な解決ができるような施策を進めていただけることになりました。この件については、本当に色々な方にご尽力いただき感謝しかありません。

今後は、流山市も今進めようとしている施策をより強力に進めていただきたいと思いますし、ふとした時に認識を変えて全国初の3歳児待機児童が出ないことを祈るばかりです。

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031