病児保育と小規模認可保育園の株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

menu

病児保育と小規模認可保育園の株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site

2018年の振り返り

年末大掃除で「整理整頓スイッチ」「断捨離スイッチ」が入ったらしく、正月休みの間もちょこちょこ家の掃除をしたり、物をバンバン捨てておりました。

さて、本年は「さすが本厄」と言えるくらい、本当にしんどい1年でした。幸い家族や親しい人などを含めて、私生活で大きな「厄」はなかったのですが、仕事面で一昨年を超えるしんどい出来事が次から次へ起きる1年でした。特に「人」に関係したトラブル?が多く(というよりほぼすべてがそれでした)、1年を通して結構本当に辛かったなぁと思います。

ただその分、相当精神的にタフになったと自分でも思います。会社経営者としての経験として考えると、今後の糧になると思っています。
<昨年の目標(私生活)>
1)健康管理
これは完全に未達成です(汗 懸念していた睡眠時無呼吸症候群については検査を受けて大丈夫とのことだったので良しとします。ただ、健康診断の数値も正直良くはない(汗 来年に向けて身体を労わらないといけないと思ってはいるものの、というところですね。

2)家族との時間
これも未達成ですね。。。(汗 意図的に夜の予定を入れないようとはしていたものの、娘からの要望だった「週に2回くらいは一緒にご飯を食べたい」ということには応えられず。。。今年は昨年以上に忙しくなりそうですが、なんとか頑張ってみたいと思います。

3)読書量を増やす
年末にかけて復活しつつありますが、前半が仕事に忙殺されたことでまったく読むことができず。目標としていた年間100冊は未達成です。これは今年も引き続きの目標です。

4)家族を海外旅行へ連れて行く
これは今年は夏休みの恒例親族旅行でハワイに行くことができました。義母を含めて総勢10名で海外へ行ったのはいい思い出になりそうです。パスポートも10年を取り直ししたので、これでいつでも海外行けるYO!

 

<昨年の目標(仕事編)>
1)意図的に「未来」「課題」を思考をする時間を作る
こちらは特に下期から意識的にスケジュールに「空白時間」を突っ込んで作るように意識しました。ただ、やはり結局時間が足りなくなると、少しずつそれを削って対応する。という対応は変わらず。物理的に業務から離れるようにしないとダメかもしれません(汗

2)意図的にボーッとする時間を作る
これは完全に未達ですね。なんだかんだでボーッとできない人間なんだなぁと1年を通してつくづく感じました。結局のところ苦手なのかもしれません。

3)会社の未来予想図を作る
これも完全に未達。未来予想図を作るどころではなかった、というのは言い訳になりますが、達成率0%に近いです。(汗

4)組織化とマネジメント機能の強化
組織化については意識的に進めることができたとは思います。ただ、一方で組織の拡大に合わせて企業文化やビジョンをどう浸透させていくか?という根っこ部分大きな悩みも生まれました。こちらは今年度の最重要課題ですね。

5)会社風土の醸成
こちらも4)に関連して昨年は意識的に進めていたところではありますが、なかなか難しく。。。うまくいったとは思えません。今年度も引き続きこちらは課題になります。

 

会社の規模が大きくなることで、悩みの分野が「カネ」「モノ」から「ヒト」へとシフトをしてきており、今や私の頭の中で考えていることの大部分(体感では9割くらい)は「ヒト」に関わることになってきました。本年度も引き続き「ヒト」に悩み続ける1年になるのだろうなぁと思っています。来年はもう少し達成できるものが増えるよう、がんばりたいと思います。

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 10月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031