病児保育&認可保育所 地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

★保育園・病児保育・子育て支援領域で地域No.1事業者を目指す社長ブログ

B/Sには経営者の覚悟・魂が現れる

以前のエントリーで、財務諸表には経営者の方針が現れると書いたことがありますが、その中でも特に会社のB/Sにはその会社経営者の覚悟や魂が現れるといってよいと思います。

同じ業種であっても、無借金で手元キャッシュをしっかりとため込んで運営がある一方、積極的に借入を行って流動負債・固定負債が流動資産を上回っているところもあります。その経営方針については色々な考え方があり、正解はないとは思っています。

P/Lは単年度の事業収支なのですが、B/Sは長い時間をかけて築づきあげていった結果なのです。

したがって、B/Sにはその会社を経営している経営者の心や想い・願い・魂が現れやすいとも言えると思います。

 

ちなみに、当社は現在積極的に借入を行い、事業拡大を行っています。

創業まもない会社で、施設型事業を行う以上手元資金だけでは到底足りません。したがって外部から資金調達をする必要がありますが、それには「株式」による調達か、「借入」による調達かの二択しかありません。

株式を売って資金調達をするということは、結局のところ「会社の意思決定県を切り売りする」ということと同義であり、私が好むところではありません。「自分のやりたいことをやる。」ことが起業の目的の一つだけに、それを手放してまで「株式」での資金調達をするつもりはないからです。したがって、当社の場合は「金融機関からの借入」が外部資金調達のメインにならざるを得ないのです。

関連記事

Twitter

CALENDAR

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031