病児保育&認可保育所 地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

★保育園・病児保育・子育て支援領域で地域No.1事業者を目指す社長ブログ

■保育の必要量について

保育の必要量とは要するに「どのくらい保育する必要がある時間を利用者が希望しているか?」という点になるわけですが、今国の子ども・子育て会議の中では主として「フルタイム就労を想定した利用」と「パートタイム就労を想定した利用」の2つの区分で議論が進められています。

各自治体でランダム抽出して調査票という形で調査をしていることについても、この「量」の把握というのが一つの大きな目的になっていると言ってよいです。

ただし、2つの区分を設けたものの「その時間はどこで線引きすべきか?(8時間? 6時間?などなど)」や、短時間利用を希望する場合どこまで保育認定の対象とするのか? 要するに「常態としての保育が必要とする下限時間」をどうするか?というところについては、色々な意見も出ていることから継続検討課題の状況です。

これは引き続きウォッチしていきたいところです。

固定ページ:
1

2

3

関連記事

Twitter

CALENDAR

2013年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031