病児保育&認可保育所 地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

★保育園・病児保育・子育て支援領域で地域No.1事業者を目指す社長ブログ

起業当初の営業は数字がすべて

起業すると、これから自分の夢の実現に向けて事業活動を行っていくことになるかと思います。そういった活動の中で避けて通れないのが「営業活動」です。
※そもそも営業活動が嫌いな人は、よほど特殊なスキル・経験・知識・プロダクトを有していない限り、起業はすべきではないと思います。

 

創業間もない会社のことなど、誰も知りません。そもそもアポイントを取ること自体が難しいかもしれません。そうした中、やっと取ったアポイントの結果「検討します」という返答の洗礼を浴びることになります。

このセリフは、基本的に「お断りします」という意味であることがほとんどなんですが、創業当初はどうしてもそこに可能性に期待して、見込み客として扱ってしまう場合があります。

 

「今週はお客様のところを100件回れた。そのうち50件も検討する。考えると言ってくれた。歩留まりが1割だとしても5件の見込み客だ」「創業して間もないのに、この見込み数字はいい感じだ」と考えてしまいがちなのです。

でも、よく考えてみてください。仕事はもともとそうなのですが、「頑張った」には何の意味もないんです。必要なのは100の見込み客よりも1の契約です。

 

契約書にハンコを押してもらうまでは、何も生み出していないと考えて動く意識が、会社員時代などよりもよりシビアに考えないといけません。

時間は有限です。ぬるい考えで自分を慰めている間に、どんどん手元の資金は溶けていきますので。

関連記事

Twitter

CALENDAR

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930