病児保育&認可保育所 圧倒的♥地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

柏市・流山市で保育園・病児保育・子育て支援分野で圧倒的地域No.1を目指す社長ブログ

自己中心的な保育をする人に聞きたい質問

自己中心的な保育や不適切な保育を行っている保育士さんは残念ながらまだまだ世の中にいるのが現状です。悲しいことですけどね。

ただ、本人たちは「これはこの子のためにしつけが必要だからやっているんです」という自己弁護を行ったりすることがあります。そういった保育士に聞きたい質問があります。

 

それ、その子の保護者が目の前にいても同じような声がけや関わりを先生はやるんですか?

 

そう聞くと多くの保育士は「いいえ、やりません」と答えると思います。
つまり「してはいけないこと」であることを知っていながら、してしまっているという状況なのです。

理由としては、時間に追われていて心に余裕がなかった。感情的になってしまったなど、色々な理由があると思います。
しかし、例として保護者を挙げていますが、園長・主任・本部の人間、役所の監査など、誰がいても同じことをしていない「裏表のある保育」をすることは望ましくないです。

保育に裏表があるのはスキル不足に他なりません。そして、そのスキル不足のはけ口として、子どもに当たるのは違いますよね。

関連記事

Twitter

CALENDAR

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031