病児保育&認可保育所 圧倒的♥地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

柏市・流山市で保育園・病児保育・子育て支援分野で圧倒的地域No.1を目指す社長ブログ

育児書を過度に信じる必要はありません

育児書を信じる必要はない。とまでは言いませんが、書いている通りにやってもうまくいかず、それを「うちの子どもに問題があるかも。。。?」と不安になる必要はありません。

育児書にかかれている内容は正解ではなく、あくまで「このやり方でうまくいった子もいたんだな」くらいのスタンスで捉えるのが気持ちは楽になります。本来は悩める保護者の「助け」になるはずに育児書で、心の足かせになってしまっていることが多いです。

マニュアル通りにうごく子どもはいません。
自分の子どもへの愛情を信じてあげて欲しいです。子どもはどういう関わりでも、その愛情をしっかり受け止めていますよ。

関連記事

Twitter

CALENDAR

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031