病児保育&認可保育所 圧倒的♥地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

柏市・流山市で保育園・病児保育・子育て支援分野で圧倒的地域No.1を目指す社長ブログ

ライフスタイルとしての企業経営

会社経営を始めて10年以上経ちますが、このライフスタイルがとても自分には合っていると感じています。

というのも、私は自分の行動を管理されるのがとても嫌いだったようです。

新卒で入った会社でちょうど10年、その後転職した先で2年弱という期間をサラリーマンとして働いたことがありますが、あのときを思い出すと社内調整など本来エネルギーをそこまで使いたくないと思っていたものに、日々のエネルギーの大半を使っていたような気がします。

本来の仕事は顧客と話をして、いろいろな物事を前へ進めることのハズだったのですが、どうも会社の図体がでかくなればなるほど、社内調整というものに自分の行動を管理されるようです。

ですので、社員110名程度の中小企業の社長ですが、このくらいの規模感でかつ資本関係で縛りがない今の会社の経営がとても「楽」ですし、自分の生き方に合っていると感じています。

 

また、実は意外と言われますが、私は飲み会が苦手です。
正確に言うと大人数の飲み会で、気の知れた仲間と少人数で飲むことはとても好きです。

大人数になればなるほど、気を使わないといけない人も増えますし、変なノリが生まれたりします。自分のペースで飲んだり食べたりすることも難しくなります。ですので、そういう場に参加するのは、実は苦痛で仕方ないのです。

ですので、サラリーマン時代も「仕事のうち」と割り切って参加はしていましたが、職場の忘年会や歓送迎会はただただ憂鬱な時間だったことを思い出します。

それは今でも変わっておらず、当社では会社主催の全体飲み会は節目として「全体総会の後の懇親会」と「忘年会」の年2回までと決めています。それも、ここ最近の新型コロナウィルスの関係でやらなくてもいい。レベルの意識ですね。

 

会社経営を始めて、辛いことも多かったですが、精神的な「自由」という点ではとても良かったと思います。
今の自分は、本来自分がやるべきことに、ほぼ100%時間を使うことができます。

そうした状況を鑑みると、今の自分は生き方としてとても恵まれていて幸せと感じるのです。

関連記事

Twitter

CALENDAR

2022年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031