病児保育&認可保育所 圧倒的♥地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

柏市・流山市で保育園・病児保育・子育て支援分野で圧倒的地域No.1を目指す社長ブログ

子どもの笑顔は保育の質のバロメーター

子どもは少しでも嬉しい・楽しい・おもしろいと感じると笑顔になります。

大好きなバスが目の前を通るだけで、大好きなキャラクターが描かれた看板を見るだけで、自分の気持ちに気づいてもらえた瞬間に笑顔になります。

しかし、そこに緊張感がちょっとでもあると、今度はあまり笑わなくなります。家族でお出かけだと思ってニコニコ笑顔で歩いていても、その行き先が病院の予防接種だと分かった瞬間に笑わなくなることはよくありますよね。

子どもは大人と違って、いわゆる「愛想笑い」や「作り笑い」というものがありません。純粋に楽しい・嬉しい・おもしろいと感じるときにしか笑顔にならないのです。

ですので、子どもの笑顔は自分の意思が尊重されていると感じているか? そしておもしろい・楽しい・嬉しいと感じられているか?という「保育の質」のバロメーターであると私は思っています。

ですので、クラスの中でたくさんの子どもの笑顔が見られる場合は、そのクラスが緊張感がなく、子どもたちが楽しい・嬉しい・おもしろいと感じられている証拠です。

子どもを笑顔にするためにどうすればいいか? 子どもが今何を欲しているか? そう意識して子どもを観察して必要な援助をしていく。

そう心がけることで、言葉遣いや子どもへの関わり方が大きく変わります。そういうことを続けることが、保育者としての心と技術をレベルアップさせていくのです。

 

関連記事

Twitter

CALENDAR

2022年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031