病児保育&認可保育所 圧倒的♥地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

柏市・流山市で保育園・病児保育・子育て支援分野で圧倒的地域No.1を目指す社長ブログ

走らないで、と静止する前に考えてみよう

保育室内で子どもが駆け回って、保育士が「走らないで!」「歩いてね!」と声がけをする光景

これ、よく保育園内で見る光景ではないでしょうか?

もちろん、怪我に発展しかねない動きは静止をしないといけませんが、その前に「走りたい」という欲求に対してどう向き合うか?という視点がこの静止する行動には抜けています。

 

大切なことは、子どもの欲求に向き合って、代替案を出して上げること。

 

例えば、廊下に誘導して「ここだったら走ってもいいよ」と促してみる。トランポリンなどの全身を動かすことができる遊具を出して、「室内で走るのは他の子とぶつかってしまうから、トランポリンだったらどう?」と提案してみる。時間や人の配置が許されるようなら、園庭に誘ってみる。などなど

 

大人でも、「ダメ!」と禁止されるよりも「これだったらいいですよ」と代替案とセットになっている方が納得感が出ますよね。子どもだって同じです。

 

「やりたい」という欲求に向き合って、代替案を出す。
その施設において、制約条件は色々あると思うので、保育士同士で話し合っていいやり方が見つかるといいですね。

関連記事

Twitter

CALENDAR

2022年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930