病児保育&認可保育所 地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

★保育園・病児保育・子育て支援領域で地域No.1事業者を目指す社長ブログ

同じ時期に起業した仲間の繋がりはとても大切です

社長というものは非常に孤独な存在です。

しかしそんなときも、自分とように起業した社長仲間がいれば、いろいろな相談ができます。特に、同じ時期に起業した仲間はとても大切です。
※残念ながら二代目・三代目のような起業をしたわけではない社長さんは、仲間としては大事ですが今回の仲間というカテゴリにはそぐわないと思います。価値観とかが全く違う場合が多いので。

 

例えば、起業仲間同士の繋がりがLINEグループなどであれば、事業をすすめるにあたって困っていること(Webサイトの作り方、助成金のこと、広告の考え方、人の採用・教育についてなどなど)を投げかけて、答えてくれる方がいるかもしれません。場合によっては一緒に仕事をすることができるようになるかもしれません。同じ時期に創業しているから、悩みのレベル感も似ている場合も多く、相談役としても「分かる分かる!」となることも多いでしょう。事業の発展速度も似てくるケースもあるため、よきライバルとしてモチベーションを維持・高める源泉にもなってくれます。また、仲間だからこそ「あいつには負けたくない」という純粋な気持ちを持てると思います。

私にも、会社の発展をしていく上で意識しているライバルがいます。お互い創業時期が同じで同じ事業領域。昔は一緒に仕事をしたこともあります。辛いときも楽しいときも一緒に悩んでくれたり、笑ってくれたり。そうした仲間がいます。今では、両者ともそれなりに会社に成長し、昔のように仕事を一緒にすることはほとんどなくなりましたが、あのときの気持はふたりとも今でも忘れていません。

 

また、そうした繋がりは私生活も豊かにしてくれます。
起業してよいことの一つは平日など、勤め人だったときに取れなかった日に休みを取れることです。残念ながら、会社勤めをしていたときに付き合ってた友人とはなかなか一緒に遊べなくなる一方、起業仲間であれば時間があわせやすい場合が多いです。起業することで交友関係は確実に変わりますので、こうした友人づきあいという点からも繋がりは大切です。

 

同時期に起業をしている仲間だからこそ、上下関係がない状態で相談にのってくれる、話をきいてくれる、つきあってくれる。など、良いことがたくさんありますので、是非こうした繋がりは早い段階から作ることをおすすめします。ただ、商工会議所や商工会、地域の経済団体で見つけることもいいですが、起業家ネットワーク懇親会などに参加して「この人いいな」と感じる人と繋がっていくことをおすすめします。(もちろんそれにのめり込むのは本末転倒なので注意が必要ですが。)

関連記事

Twitter

CALENDAR

2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31