病児保育&認可保育所 圧倒的♥地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

柏市・流山市で保育園・病児保育・子育て支援分野で圧倒的地域No.1を目指す社長ブログ

説得されたいのではない、納得したいんだ

多くの人は物事に対して迷いを生じているとき、他人から説得されたいのではなく、自分自身の中で納得できるポイントを見つけたいのです。

ですが、人は迷っている人を見ると、どうしても「説得」をしてみようと考えてしまいます。

特に、こうしたことはリーダーから部下に対しての関係性でもよくあるもので、リーダーは往々にして部下よりも自分自身で見えている世界が広いため、アドバイスというカタチを取る中で知らずしらずに「説得」をするということがあるように感じます。

相手の理解と共感がないと双方向のコミュニケーションは成立しません。ましてや、人が迷いを抱えている中で欲しいものは「論理」ではなく、その人が心の中で抱えている「迷いへの寄り添い」です。

だからこそ、リーダーとしてコミュニケーションを行うときには、必要以上に心を砕き相手の背景を観ようとする意識が必要なのです。

 

そうした発信側の心配りがあってはじめて、論理に基づく理解が進み、説得ではなく納得という心境になるのです。
私も含めてですが、こうしたことを忘れがちになりなので、時々思い返すようにしています。

関連記事

Twitter

CALENDAR

2022年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031