病児保育&認可保育所 圧倒的♥地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

柏市・流山市で保育園・病児保育・子育て支援分野で圧倒的地域No.1を目指す社長ブログ

倒産を呼び込む経営者の病気

尊敬するある経営者の方と話をしていたときに、「会社が倒産する経営者の病気」について話してくれました。

その方が言うには、会社が倒産するときには、その経営者は必ず「無知」「自堕落」「怠慢」「傲慢」といった4つの病気にかかっている。ということです。

実は私自身も時々そういう病気にかかってしまうときがあり、ちょっと身が引き締まる思いでした。

 

自分自身を思い返しても、創業当初は明日を生きるのに必死で、勤勉でなければ生き残れませんでした。

それが、時間がたち会社として安定し始めると、次第に手を抜き始めてしまうのです。そして、そういう時期ほど、会社や自分自身にとって深刻な問題が生じてきました。

「怠慢」というのは今の自分にとっても、いつかかってもおかしくない病気だと思っています。

 

そして「怠慢」という病気はやっかいで、他の3つの病気の元凶になるものだと感じます。

怠慢になると、自堕落になります。
世の中にはちょっと成功した経営者が、経営に対して怠慢な心持ちになったあげく、自堕落な経営者生活を送るのを間近で見る機会があります。酒や異性やギャンブルなどにハマっていき、経営をおろそかにして会社を傾けたケースも見たことがあります。

 

そして、怠慢になると傲慢にもなります。
特に努力もせずにある程度うまくいっていると、それがあたかも自分の能力かのように勘違いをし始め、態度がでかくなり、時間や約束にルーズになってきます。こうした経営者には人はついてきませんし、経営者仲間からも見放されていきます。

 

最後に、怠慢な人は勉強をしたり自分をアップデートする努力をしませんので「無知」になります。
経営上の課題が生じたり、世の中の新しい流れを学ぶのに、ちょっと勉強すればいくらでも対応できるのを「今まで通りでいいや」と考え、会社の価値を毀損していく経営者になってしまいます。

 

これら、4つの病気にかからないようにするには、自分自身で常に意識し続けるだけでなく、自分を客観的に見てくれるメンターや経営者仲間をつくり、諫言に耳を傾けるしかないかなと思っています。

関連記事

Twitter

CALENDAR

2022年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728