病児保育&認可保育所 圧倒的♥地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

柏市・流山市で保育園・病児保育・子育て支援分野で圧倒的地域No.1を目指す社長ブログ

保育室で大声で呼びかけてない?

園内や園外での子どもへの声がけですが、その声の大きさを意識したことありますか?

よく見る光景ではありますが、
自分から離れた子どもに「△△△さん!」って大声で呼びかけていませんか?

実はこうした大声で子どもへ呼びかけをすること自体が、子どもを騒がしくする原因になっている場合があります。

なぜか?
理由は簡単で「遊び込んでいる子の集中を途切れさせてしまう」からです。

保育士は「その子」に話しかけているつもりでも、その声は周囲の子どもたちみんなに聞こえています。年長クラスなどで担任の先生が一人ならまだしも、未満児クラスで複数の先生がそんな感じで、大きな声を出し合っていたら、自分が子どもの立場でも落ち着かないですよね。

ちなみに、実は保育園の騒音問題については、その多くが子どもの声ではなく「先生が大声で子どもに指示を出している声が耳障りで仕方ない」など大人が発している音が要因になっていることが多いんですよ。保育士のみなさんは自分が思っている以上に大声で叫んでいるケースが多いということですね。

 

では、どうすればよいか?

声をかけたい子どものそばに行って、その子が聞こえるだけの大きさの声で伝える。ただ、これだけです。

こうすることで、遊びこんでいる子どもの集中力を切らせることがないため、保育室内が落ち着いてきます。
※もちろん、いきなり落ち着くわけではないですよ。少しずつ意識することで、保育室内は落ち着いてきます。

大声で子どもを呼ぶことに慣れてしまっていると、改善するのは相当意識をしないといけません。でも、意識してやってみてはどうでしょうか?

保育園とは先生の大声での声がけや指示の声が飛び交う場所ではありません。

関連記事

Twitter

CALENDAR

2022年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728