病児保育&認可保育所 圧倒的♥地域No.1の子育て事業者を目指す株式会社マザープラネット代表 藪本敦弘(Yabumoto Atsuhiro) Official Web Site|社長ブログ

menu

柏市・流山市で保育園・病児保育・子育て支援分野で圧倒的地域No.1を目指す社長ブログ

日々の仕事の中で、いつも私が意識しているのは「その仕事を、今、なぜやるか?」ということです。

もちろん、ボーッとしたり惰性ですることが時々あることもありますが、基本的に仕事にはかならず「意味づけ」をして行うようにしています。

では、皆さんの保育園の中で行われている仕事や作業や子どもへの関わりについて「なぜ、今、それをしているか?」ということを説明することはできますか?

「なぜ、それを、今しているのですか?」と聞かれたとき

「今までそうやってきたから」や
「これがうちの伝統だから」とか
「先輩からこうやるように言われたから」

などが口に出てしまう場合、ある意味「思考停止」になっているとも言えますのでとても危険です。

明確な理由・目的を自分の仕事の中で意識しながら行ってこそ、「意味ある保育」が行えるはずです。

私たちは子どもたちの「未来」を創っています。
保育とはその「未来」に向けた、レンガを1日1日積み上げている大切なお仕事です。
だからこそ、そのレンガを積む意味を、自分なりに常に意識して仕事に向かって欲しいと思います。

園内において、すべての職員がこうした「仕事の意味」を意識しながら動けている保育園は、質の高い素敵な保育がきっと展開できるはずです。
保育の質というのはこういうことから始まります。

関連記事

Twitter

CALENDAR

2022年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728